FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『男子之三輩』

子供の頃から好奇心旺盛だった私は、その時、その瞬間、色々な人に憧れた。

その数知れず・・・



小学校の文集によくある、『将来の夢は?』のコーナーには、毎年違う夢を書いていたね。

さすがに、『ガーデンデザイナーになる』とは書いてなかったけど(笑)



夢を抱くタイミングは、人それぞれ違うと思うけど、それに向かって人生を過ごしている人って、いいよね。

『夢のためなら、がんばれる』みたいな。



自分の場合、今ではこのようなやりがいのある仕事に出会い、奮闘中の毎日だけど、
いかんせん好奇心旺盛なため、昔は、目標(夢)が定まらないでいた事もあった。



そんな時、ある方との出会い(再会)が自分にとってのターニングポイントだった。
その人は、小さい頃から知っていて、子供心に『面白いおじさん』という印象が強かった人。
すごく可愛がってもらっていた事を、覚えている。



自分が大人になった分、その人もお年を召されていたけど、子供の頃はわからなかった事が、
何回も会っていただいているうちに、色々とわかった。



『こんな人になりたい』と思った。


そうして、『面白いおじさん』は『憧れの人』に変わった。



『男子之三輩』
これは、ある時、その人から教えてもらった言葉。
ネットで調べても、出ないはず。だって、その人が、考えた言葉だから(多分)。



『男子之三輩』
・終生、師と仰ぐ先輩
・思わず、先生と呼びたくなる友人、同輩
・すべてを与え、すべてを後継させて惜しくないような後輩



『こんな人達に出逢えると、人生が楽しくなるぞ』と言われた。
『それには、自分自身を磨かないとな』とも。


この言葉、読めば読むほど、書けば書くほど、『奥が深いな』と思う。
そして、何となく、優しさというか、思いやりまで感じてくるから不思議だ。


自分にとって、本当にラッキー(幸運)だった事は、近くにこういう人がいた事。
これからも、少しでも近づけるように、頑張らないとね。

IMG_5311_convert_20120201183442.jpg
これは、その時、書いてくれた物。
当時は、携帯電話も無かったから、『何かあったら、電話しろ』と、その人が好きだった富士山のテレホンカードも一緒に。
結局、テレホンカードは一回も使わなかった。



今回は、ガーデンの話とは少しずれてしまった。
新年を迎え、今年のスローガンを掲げ、業務に励んでいる最中だが、
一ヶ月も過ぎると、流石に正月気分も吹き飛び、いつも通りの慌ただしい毎日を過ごしている。



だから、こんな時は、師の言葉を思い出し、褌をしめ直すのである。




IMG_5300_convert_20120201182541.jpg
『寒いけど、頑張ろうぜ!!』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど!

とてもよい言葉ですね。

早速今から意識して毎日を過ごしてみます。

No title

キョウワタ様

こんばんは。

というわけで、自分磨きの真っ最中です(笑)




カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。